新築時から対策をしてシロアリから家を守ろう

見えない間に進行している恐怖のシロアリ被害

家の構造でシロアリ予防ができる~新築ならではの対策方法~

新築でのシロアリ対策はここに気をつけて!

新築時のシロアリ対策で重要になるポイントは、家の構造で予防をすることです。薬剤をして駆除するのが一般的ですが、薬剤が原因でシックハウス症候群になることもあります。家の構造で対策ができれば、その心配も解消できます。

玄関の対策が有効

玄関での駆除

対策する際に気をつけるべきなのは、玄関です。玄関の下と土壌面が近いと、シロアリが簡単に侵入できるようになってしまいます。また、非常に小さい隙間にも要注意です。小さい隙間を好む虫なので、数センチ程度の広さがある場合でも、シロアリにとっては快適に生息できる環境になってしまいます。ですから、新築時に対策する際は、玄関と土壌を離れた構造にしたり、隙間をなるべく埋めるようにしたりすることが大切です。

シロアリの駆除方法は種類によって違う!?

日本には、ヤマトシロアリやイエシロアリなどさまざまなシロアリが生息しています。種類によって、効果的な駆除方法は異なるので確認しておきましょう。

シロアリの種類別にみる駆除方法

ヤマトシロアリに有効的な駆除方法は、薬剤散布法です。ヤマトシロアリは、狭い範囲だけで活動するので、被害に遭った部分に薬剤を散布するだけで効果を得られます。イエシロアリに有効的な駆除方法は、ベイト法です。イエシロアリは、ヤマトシロアリと違って、活動範囲が100メートルと広いので、時間をかけてベイト薬を食べさせたほうが効果的に駆除できます。アメリカカンザイシロアリに有効的な駆除方法は、蒸発法です。家屋をシートで多い、ガスを充満させて駆除するというものです。ただ、この方法はコストがかかったり有毒性があったりするので気をつけましょう。

TOPボタン